2010年04月30日

自閉症治療にホルモン有効=長期投与で初確認−金沢大など(時事通信)

 自閉症患者のコミュニケーションに関する障害が「オキシトシン」というホルモンの長期投与で改善された症例を、金沢大子どものこころの発達研究センターなどが初めて確認し、23日発表した。オランダの科学誌ニューロサイエンスリサーチ5月号に掲載される。
 同センターによると、同大付属病院に通う自閉症の20代男性は2008年6月から15カ月間、1日2回オキシトシンの投与を受けた。4日目に効果が確認され、「相手の目を見る」「簡単な質問に答える」など症状の改善が見られたという。 

【関連ニュース】
若年パーキンソン、仕組み解明=小器官の「不良品」蓄積
免疫細胞の制御遺伝子特定=難病の治療法に道
のり食べる生活に適応=日本人の腸内細菌群
巨大粒子雲も宇宙線放出か=証拠となるガンマ線観測
神経形成を促進する機能も=温度感知たんぱく質

競売トラブルで男性殺害=容疑で37歳男逮捕−岡山県警(時事通信)
「無過失補償制度」や「介護環境整備」盛り込む−民主マニフェスト素案(医療介護CBニュース)
羽田空港に「世田谷みやげ」(産経新聞)
民主党トラック議連「上限料金制見直しを」(産経新聞)
賠償命令26億円に減額=西武鉄道株名義偽装−東京高裁(時事通信)
posted by カタギリ ケンジ at 03:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。