2010年06月15日

首相「官僚は大バカ」発言変えず(産経新聞)

 菅直人首相は9日夜、官僚を「大バカ」と評した自らの発言について、「やや言い過ぎだったかもしれないが、一番優秀とされる財務省(の官僚)がいながら、何で(国内総生産の)180%もの累積債務残高ができたのか」と述べ、発言を撤回しなかった。ただ、「官僚の経験や知識は大いに活用したい」と強調した。

 首相は昨年10月の講演で、「霞が関(の官僚)なんて成績が良かっただけで大バカだ」と批判した。だが、8日の就任記者会見では「官僚こそが政策や課題に取り組んできたプロフェッショナルだ」と持ち上げていた。

【関連記事】
菅首相会見 初日から「守り」の姿勢 「逃げる」晋作!
トンチンカン発言連発! 菅政権の経済政策に期待と不安
官僚2割削減の検討を指示 ロシア大統領
菅内閣発足 まず国家の基軸を示せ 言葉よりも具体的な成果を
菅内閣の基本方針 初閣議で決定

病院で生活保護受給者“青田買い” 不動産業者が勧誘チラシ次々(産経新聞)
生まれ故郷で笑顔、菅首相が山口・宇部を訪問(読売新聞)
過払い金返還で国賠請求=元貸金業者「規則通りに営業」―東京地裁(時事通信)
10年後に基礎的収支黒字化=分野別目標示せず―財政健全化計画(時事通信)
カルテ開示、費用がネック=手数料1万円も、市民団体調査(時事通信)
posted by カタギリ ケンジ at 20:59| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。