2010年05月28日

現地で結婚式も フィリピン女性と偽装結婚仲介 パブ経営者逮捕(産経新聞)

 自分が経営するフィリピンパブでホステスとして働かせるため、フィリピン人女性を日本人男性と偽装結婚させたとして、警視庁保安課などは、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、東京都中野区野方のフィリピンパブ「ショーパブ・キスミー」経営、宇津木剛容疑者(57)を逮捕した。同課によると、宇津木容疑者は「恋愛結婚であって偽装結婚ではない」と容疑を否認しているという。

 同課は、ほかにも同容疑で、フィリピン国籍で中野区の同店従業員の女(23)ら3人と、偽装結婚の相手となった男性運転手(54)ら3人の計6人を逮捕した。

 逮捕容疑は平成20年6月から10月までの間、結婚する意思がないのに新宿区役所など、それぞれ夫側の本籍地の役所に3組の虚偽の婚姻届を提出したとしている。

 同課によると、借金を抱えていた男性客に計約120万円の報酬で偽装結婚を持ちかけ、フィリピンで結婚式を挙げさせた上で、現地の公的機関で結婚証明書を取得させていた。帰国後に結婚証明書に基づく婚姻届を提出していた。

【関連記事】
比ニューハーフ偽装結婚 首謀者に逮捕状
韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕
堕胎医師、犯行前後に結婚ほのめかす 安心させる偽装工作?
法の盲点つく“裏ビジネス” 罰則規定なく高い報酬
狡猾手口から浮かぶ女の“素顔” 結婚詐欺・連続不審死

口蹄疫「知事と大臣、腹を切れ」で市議ブログ炎上(読売新聞)
<新党改革>鳩山邦夫氏の長男ら6人を公認(毎日新聞)
留学生が元首相らと蒸し料理体験=大分県別府市〔地域〕(時事通信)
種牛「忠富士」が感染、残り5頭は経過観察(読売新聞)
切断された両足見つかる…新潟の国道側溝(読売新聞)
posted by カタギリ ケンジ at 13:20| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。